塾について何を調べれば良いのか、どうやって調べるのか

全く知識のない状態だと難しいかもしれませんが、まずはご家庭で基準を話し合っておくことが大切です。 何を優先的に条件として持ってくるのか、考えてみましょう。 そうすることである程度、対象の塾が絞れるはずです。 情報収集する中で基準が変わることもあるかもしれませんが、それはそれで良いと思います。

何をもとに選ぶか

ではどうやって塾の評判を調べると良いのでしょうか。 基本的にチェックするものとしては、広告と口コミの2点になります。 その手段は実際に見聞きするもの、そしてインターネットを利用するものが挙げられます。 そしてそれらを調べる際のポイントなどもまとめてみました。

情報をもとに見学や体験をする

塾を数件にまで絞り込んだら、最終段階としては実際にその塾まで行ってみましょう。 もちろん事前の電話連絡は必須ですが、多くの場合、すぐに見学や相談の手筈を整えてくれることでしょう。 実際に親御さん、そしてお子様自身で雰囲気を確認したりすることはとても重要です。

譲れない条件について考えてみる

何をポイントとして塾選びをするのか、その塾の評判はどうなのか、色々と考慮するとなかなか決定が難しいところだと思います。
周りに塾がたくさんあり、選択できるというのは恵まれた環境ではあるのですが、多ければ多いほど決断しかねるものですよね。

それに塾に通うことの目的ひとつ取っても、進学塾(主に受験勉強を目的とするもの)、補習塾(主に学校の授業のフォローを目的とするもの)、それら2つの要素を取り入れた総合塾などといった種類があります。
また、塾の規模の違いも挙げられます。
例えば、テレビCMなどでもよく目にするような大規模な有名校と、地域密着型の中小規模の学習塾では、その条件や内容も様々でしょう。
さらに言うと、その授業形式についても、集団指導と個別指導とに分けられます。
この形式については特に、お子様のタイプによって向き不向きが左右される点です。

これだけ色々と種類があると、どこの塾を選べば良いのかという以前に、まず何を基準として選べば良いのか分からなくなってきますよね。
このサイトでは、まずどういったポイントがあるのかまとめています。
そしてやはり気になるのは「塾の評判」ではないでしょうか。
実際に、これは塾選びをするにあたって大きな基準となります。
できれば評判の良さを前提としたうえで、お子様にあった塾を選びたいものです。
その評判を調べる方法についてもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おすすめリンク

富士学院の口コミは?

口コミ情報を元にして、富士学院では、いったいどういったことが学べるのかを紹介しています。